蟻の駆除に一役買う専門業者に頼る|対処する機会を見逃すな

男の人

安全に巣を撤去する

スズメバチ

キイロスズメバチの巣の駆除は、危険なのでプロにお願いするのが一番です。仕方なく駆除を個人で行う場合は、駆除方法について調べて防具などを準備して駆除することが大切です。

詳しく見る

早めの対策がポイント

あり

不快な思いをする前に

人間の生活を中心にして見た場合、自然界には悪い影響を及ぼす害虫がたくさん存在しています。その中のひとつとして蟻があげられ、ドラッグストアや通販ショップにおいては撃退グッズの購入も可能です。通常は黒・赤色をした一般的な蟻のことを指し、厳密には蜂・ゴキブリの仲間のシロアリを指すこともあります。シロアリの場合は特殊な対策が必要ですので、黒い蟻とは分けて考えると良いでしょう。その他の蟻はただちに大きな被害をもたらす危険は少ないといえますが、数が多い場合は早めに駆除を検討するべきです。例えば家の中で行列ができてしまった場合、中途半端に殺虫剤を使用すると部屋中に蟻が散らばる可能性もあります。食品に付いたり入ったりして不快な思いをしますので、数が増える前の駆除が必要です。

危険から守るために

黒色または赤色タイプのアルゼンチンアリやヒメアリといったように、国内には200以上の種類が存在しています。厳冬の北海道にも生息していますので、地域はあまり参考にならないと理解しておくと良いでしょう。特に赤色タイプのイエヒメアリは分巣するため、放置しておくと大量発生の原因となります。家の中の食品だけではなく、衣類にダメージを与えるケースもあるのです。数が増えるほど被害が顕著となってきますので、この場合は専門の業者に駆除の依頼を出すべきです。また、蟻は強いアゴが付いているため、赤ちゃんのように弱い肌は危険にさらされてしまいます。大人でも皮膚が弱いと腫れの原因となりますので、見かけたらすぐに駆除を行うくらいの意識がポイントといえるでしょう。対処する機会を見逃してはなりません。

被害の防止と安全な駆除

はと

鳩が羽休めをしていた場合には、他の鳩が集まってくることを防ぐために、忌避剤やワイヤーで早めに対策をおこなうことが大事です。数が増えた場合や巣が作られた場合には、病原菌がまき散らされる可能性があるので専門業者に駆除してもらう必要があります。殺菌消毒もおこなわれますし、再度の被害が防ぎやすくなります。

詳しく見る

害獣を根絶させる

ねずみ

ネズミ駆除は、業者でも困難な課題です。しかし、特殊な機械や薬剤を駆使することで、駆除することができます。ネズミは、様々な雑菌を持っているため、素人が駆除することは、高いリスクが伴います。したがって、業者に依頼することが賢明です。

詳しく見る